ミツロウキャンドル作り

ビーハッ笑顔ピーの新事業としてスタートした、ミツロウろうそく作りです。働くことに感謝し、商品に愛情を持った仲間たちが集まり、お客さまが喜んでくださることを想像しながら、丁寧にキャンドルを作っています。手作りのため、ひとつひとつ形や色に個性のある世界でひとつだけのキャンドルです。(ミツロウろうそくリーフレットろうそく作製手元

【ミツロウろうそくとは・・・】
ミツバチは巣を作るため、はちみつを食べて体の中でロウ(ミツロウ)を作ります。そのミツロウでつくったロウソクが『ビーハッピーキャンドル』です。昔の人たちは、ミツバチの働きに感謝し、神様からの贈り物として、大事に、大事に灯りをともしました。自然由来のミツロウならではの美しく柔らかな灯りをお楽しみください。

【キャンドルのご使用方法】

キャンドルナ炎とロウソクイト

夏至と冬至の夜8時から10時の2時間(今年は6/22と12/22)、電気を消して過ごすイベントが『100万人のキャンドルナイト』。ロウソクの灯りで、家族や友人と食事をしたり、子供に本を読んだり、平和に想いを馳せたり。電気を消して、ゆったりとした気持ちで過ごしてみませんか。

香りでリラックステーブル(花と共に)

キャンドルをともし、炎のゆらぎを見ながら、ほのかに甘い香りを感じることで、心身をリラックスできると言われています。ミツロウという自然界の産物から得られるアロマの香りを日々の暮らしの中に取り入れ、心と身体がリラックスするのを感じてください。

特別な日の演出にグラスとろうそく

灯りをともしたキャンドルを食卓に置くと、自然のやさしい光がお料理をより一層美味しく見せてくれます。特別な日のお料理の演出におすすめです。