アビリンピック岡山大会でビーハッピーの山本さん、澁谷さんが銅賞を初受賞!

 平成29年度 アビリンピック岡山大会が、7月1日(土)に開催されました。

 ビーハッピーからは6名が出場し、清掃競技で山本修さん、オフィスアシスタント競技で澁谷みどりさんが銅賞を受賞しました。

 

 アビリンピックとは、独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構が開催している大会で、障がい者が日ごろ培った技能を互いに競い合うことにより、職業能力の向上を図ることを目的としています。

 ビーハッピーでは、元々、自分たちの業務の成果を第三者に評価してもらいたいという思いがあり、2014年に社員旅行を兼ねて全国大会を視察したことが大会出場のきっかけとなりました。

 清掃競技では、モップの掛け方、机の拭き方など、清掃ルールが細かく決められており、そのルールを遵守できているかを採点します。また、オフィスアシスタント競技は、大量の用紙からミスプリントを除き、折り、封筒への宛名シール貼り、封入、仕分けをいかに正確に多く仕上げるかを競います。

 清掃競技は、大会2ヵ月前から練習を本格的に開始しました。まず、前年度の映像を見て課題を明確にし、大会と同じ環境をビーハッピー内に準備し、練習を実施。その際は、必ず支援員が立ち会い、チェック表を元に各選手に指導を行いました。

 オフィスアシスタント競技では、用紙の三つ折りやシール貼りの練習を実施し、日頃の業務でのシール貼り作業時にも、スピードと正確さを維持出来るように工夫しました。

 練習中は、メンバー同士が声を掛け合ったり、大会出場者が練習している間に、他のメンバーが日頃の業務をサポートしたりと、ビーハッピー全体で協力し合いました。

 清掃競技銅賞の山本さんは、「自分が入賞できるとは思っていなかったので、信じられませんでした」。オフィスアシスタント競技銅賞の澁谷さんは、「初めてだったので、皆に教えてもらいながら練習しました。入賞できたことに本当にびっくりしました」と喜びを語りました。 

 畑取締役社長は、「練習時からビーハッピー全体で取り組み、大会当日も数名が応援に駆けつけました。まさに今年の目標である『チームワーク』で勝ち取った賞だと思います。次回はさらに上の順位を狙います。しかし、大会入賞が目的ではなく、それをきっかけに、日頃の業務のスキルアップに繋げていきたいと思います」と話しました。

 

Posted in Blog, 私たちについて.